水害の被害防止には土嚢袋で軽減しましょう

突然の浸水に備える

土嚢

作業の手間を軽減

もともと日本は地形が急峻で降水量が多く、水害が発生しやすいという特徴があります。さらに近年では気候の変動もあって、ゲリラ豪雨による都市型水害が頻発し問題となっています。土のうを備えておくことは、大切な財産を水害から守る対策のひとつとして重要です。とはいえ土のうは重くてかさばるため、常備しておくと邪魔になりますし、いざというとき持ち運ぶのも重労働です。袋だけ用意しておいて、危なくなったら土を詰めるという方法もありますが、多数の土のうを作るのは時間も手間もかかり、洪水に間に合わない恐れもあります。そのような手間を省けるのが吸水土のうであり、初期防水の目的で多くの企業や自治体などで利用されています。

保管スペースが小さい

吸水土のうは高吸水性の樹脂でできていて、普段は薄いシート状になっており、誰でも簡単に持ち運べる軽さです。しかし水につけると数分で10〜20kgの重さになり、しっかりと浸水を防ぐことができます。従来の土のうと違って、吸水土のうは作業に大きな労力が不要であり、急な水害にも迅速に対応できるため人気があります。また保管スペースを取らないので、土地の狭い都心部でも大量に備えておけるというメリットがあります。吸水土のうに吸わせた水は、そのまま排出しても環境に問題を及ぼしませんし、土のうを乾燥させれば無害な可燃ごみとなり、後始末も簡単です。ただし製品によって後処理の方法が異なるので、確認してから購入しましょう。